メディカルインスペクション

レントゲンは勿論のこと、レントゲンで診断することが困難なケースにおいて、CTのスライス画像で診断可能なことも少なくありません。
診察だけではなく、超音波エコー検査によって、精密な画像診断が可能です。
内視鏡検査においては診断だけではなく、緊急処置においての治療を必用とするケースも少なくありません。



  • 内視鏡ファイバー

  • 胸部レントゲン

  • CTスキャン


  • 超音波エコー

  • 超音波エコー

  • 診察ベッド


  • ERCP

  • ERCP

  • 胸部CT


  • 腹部CT

  • 腫瘍穿刺

  • 心臓カテーテル


  • 血管造影

  • 血管造影

  • 血管造影

Sakurahikari Clinical Medicine
(臨床医学)

消化器内科

ESD(内視鏡的粘膜下層切開剥離術)
原則的にリンパ節転移がなく、一括切除可能なサイズ、腫瘍が粘膜層に留まっている症例。
適応拡大病変以外は適応外となります。

呼吸器内科

Pleural effusion Tuberculosis(胸水、結核)
胸水には滲出性と漏出性があります。結核は結核菌(マイコバクテリウム属)の感染にて発症することが多いです。治療の際には隔離入院が必要になります。

循環器内科

Electrocardiogram(心電図)
心室性期外収縮、虚血性心疾患の診断の一つになり得ます。狭心症は安静時狭心症と労作時狭心症とにわけられます。急性心筋梗塞においては、部位診断があげられます。