忘れ得ずして 忘却の風 そして、レジデント、フェローの皆様へ

現代は、医療機器の進歩で、すぐに画像診断が可能になっている、ダヴィンチもそうだ、遠隔操作でオペをこなす、その距離は、ひょっとしたら、海を渡れる距離になるのかもしれない、考えすぎか? 皮膚科領域では皮膚疾患画像、内視鏡検査では、粘膜病変画像を、AI(人工知能)にスキャン入力し異常病変があれば、警告アラームと病変部位をマーキングすると言う。凄い時代になったもんだ!私が研修医の時、携帯電話すら無かった、メール、ライン?

学生の頃、内科診断学という分厚い本で勉強していた、恐らく、今、聴診器をあてても、打診するDrは皆無かもしれない。そう左手を患者さんの胸にあて、右手で、当てた左手をコンコンと叩くのだ、(下手打つと、セクシャル・ハラスメント)で訴えられるかも知れない。バケツに水を入れ、感覚を身につけたものだが。

心音はトントン・トントン、正常だ、トートン・トートン、収縮期雑音だ、トン・ター トン・ター、拡張期雑音だ、逆流している。漏れているの表現がいいかも知れない。

肺雑音は、高調性か低調性か、吸気性か呼気性か、連続性か断続性か、喘息は?呼気性雑音、そうとも限らない、往復のラーレもありうる。教科書どうりではない。

いまは、レントゲン、CTだ。しかし、内科診断学を読破してこそ、みえてくるものがある。

自動運転、その様なもの動くスペースにしか過ぎない。キャブレターの調子が、雨なのでよくないと言う会話をよくしたものだ。

空を飛ぶ車?それは車ではなく、飛行機だ。

ガレージにおいてある、隼、YZF-R1,をタオルできれいに拭いている、スコッチを飲みながら。そんな自分が少し好きだ。
私は パニック障害ではないが 強迫神経障害と デプレッション 器質化肺炎の 既往歴がある それぞれ 受診した。今は健康だ。
それぞれ 受診して 処方して頂いた。
ちなみに 器質化肺炎の原因は いまでも不明だ 喫煙との 因果関係はない。症例文献でも そう記載している
私の モーニング デプレッションは 酷かった、その感じ感覚を患者さんに質問して、処方をまねているだけだ。
器質化肺炎 間質性肺炎は 治癒するのに時間がかかる疾患である 間質性肺炎と肺炎 気管支炎 気管支喘息を 早期鑑別しなければならない 、可能な限り早く ❗️高齢で 基礎疾患 高血圧症 糖尿病など 心負担が有れば なおさらである。重篤な場合 入院が必要。
来年4月から、ベンゾジアゼピン系 睡眠薬の処方が きびしくなる。厚労省も もっと 臨床を 理解して頂きたい。

以前 リタリンという 抗鬱薬が 処方可能だったとき(今は多動性障害、ナルコレプシー)にしか保険適用での 処方は 不可 もちろん、医療機関 以外の 売買は 法律に抵触する 化学式が 覚醒剤に ほぼ類似しているからだ、塩酸メチルフェニデートである。一時 リタリンを 常習している人達を アムラー でなくリタラーと呼ばれていた。

画像診断が大切だ、らせん状に撮影する ヘリカルCTスキャンである、放射線科の 読影力には、凄いものがある、肺に 陰影がある 報告書は肺腺癌と診断しきる。病理検査抜きである内科、外科も 放射線科と 臨床病理には 頭がさがる❗️

自然な流れも 必要な場合がある、歩ける 話せる 口から 健康な歯で咀嚼すること 何気なく忘れていそうで 一番大切なことである
人間は 出来て 当たり前の 事を忘れやすい 健康で次に審美性だ 、白く綺麗な歯は、マナーである。接客に おいても大切だ

何だかんだ言っても人は人を みて 対応に変化がでる それは認める
しかし、極力 それを避けて 心で 対応したいものだ 。意外とニュートラルの状態は難しいね❗️

あらざらぬ この夜のほかの 想い出に いまひとたびの 逢ふこともがな

 

さくらひかりクリニック(大上啓樹院長)循環器内科さくらひかりクリニック(大上啓樹院長)循環器内科さくらひかりクリニック(大上啓樹院長)循環器内科さくらひかりクリニック(大上啓樹院長)循環器内科さくらひかりクリニック(大上啓樹院長)循環器内科